中国進出25年で初の営業黒字、ローソンがファミマを抜いた「てこ入れ」策

コンビニ大手のローソンは4月9日に発表した2021年2月期決算で、中国事業が初めて営業黒字を達成したと明らかにした。1996年に日系企業として最初に中国に進出しながら長らく足踏みし、ファミリーマートやセブンイレブンの後塵を拝す状況が続いて

WEBサイトでさらに詳しく⇒情報源: 中国進出25年で初の営業黒字、ローソンがファミマを抜いた「てこ入れ」策

(Visited 12 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。