セブンイレブン時短営業店の“契約解除”…大阪地裁で審尋 本部側も建物明け渡し要求 | MBS 関西のニュース

本部の許可無く時短営業を行っていた東大阪市のセブンイレブンの元オーナーが、『フランチャイズ契約の解除は無効』だとして大阪地裁に仮処分を申し立てている問題で、1月27日に裁判所が双方の言い分を聞く手続きを行いました。

ウエブサイトでさらに詳しく⇒: セブンイレブン時短営業店の“契約解除”…大阪地裁で審尋 本部側も建物明け渡し要求 | MBS 関西のニュース

(Visited 2 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。