竹増貞信

“コンビニ飽和論”の中、ローソンが「夕方以降」を攻める理由

コンビニエンスストア大手のローソンは、 “コンビニ飽和論”がささやかれる中、21年度に1万8000店舗、平均日販60万円という中期目標に掲げる。その目標を達成するために、どのような成長戦略を描いているのか。竹増貞信社長に聞いた。 情報源: “コンビニ飽和論”の中、ローソンが「夕方以降」を攻める理由

【直球緩球】ローソンの竹増貞信社長「デジタル化を進め生産性高める」

--ドラッグストアの台頭など、競争が業態を越えて激化している「ドラッグストアも食品を扱うなど、小売業界で競争に垣根がなくなってきた。ただ、コンビニは総菜や弁当な… 情報源: 【直球緩球】ローソンの竹増貞信社長「デジタル化を進め生産性高める」