恵方巻

恵方巻「ロスなくならない」。予約販売伸びず、“当日買う派”5割という現実

2月3日の節分に食べる「恵方巻」。ここ数年は、売れ残った商品が大量に廃棄されていることに批判が集まり、コンビニやスーパーでは予約販売を強化している。ただ、恵方巻に関するアンケート調査では、約5割が「当日に買う(買うかもしれない)」と答えて ウエブサイトでさらに詳しく⇒: 恵方巻「ロスなくならない」。予約販売伸びず、“当日買う派”5割という現実

セブン‐イレブン/2019年1月4日「恵方巻」予約開始、1人前サイズ3品発売

セブン‐イレブン・ジャパンは2019年1月4日、「恵方巻」の予約を開始する。 <「恵方巻」予約開始> 同社では1989年に「恵方巻」をスタート。2004年に全国で発売を開始した。 2019年は、かんぴ 情報源: セブン‐イレブン/2019年1月4日「恵方巻」予約開始、1人前サイズ3品発売

ファミリーマート/2019年「恵方巻」は定番のほか肉系など6種

ファミリーマートは12月18日、2019年の節分の日に向けて「恵方巻」(税込420円)などの節分メニュー合計12種類の予約受注を、全国のファミリーマートで開始した。 <恵方巻> 定番の「恵方巻」は、だ 情報源: ファミリーマート/2019年「恵方巻」は定番のほか肉系など6種

コンビニ恵方巻は食品廃棄問題の「象徴」だ

恵方巻はもともと関西だけの習慣だったもの。それが近年、コンビニエンスストアの販売を機に、一気に全国に広がった。この恵方巻を例に、食べられるのに大量に捨てられてしまう食品ロスの問題を考えてみよう。 情報源: コンビニ恵方巻は食品廃棄問題の「象徴」だ