コンビニ業界の課題

1/6ページ

NEC/発見したルールを説明できるAIで「発注支援」セブンに提案

NECは12月17日、東京・三田のオフィスビル「三田国際ビル」にオープンしたセブン-イレブン初の省人型店舗「セブン-イレブン三田国際ビル店20F店」に、AIを活用した発注支援システムを導入した。 <A 情報源: NEC/発見したルールを説明できるAIで「発注支援」セブンに提案

自転車シェアのセブン、ジム併設のファミマ…コンビニのすごい新戦略(理央 周)

マーケティングコンサルタント、理央周氏が注目するのが、ファミリーマートが展開している新戦略。コインランドリーや、フィットネスジムを併設するなど、ユニークな試みを行なっている。その狙いを解説してもらった。 情報源: 自転車シェアのセブン、ジム併設のファミマ…コンビニのすごい新戦略(理央 周)

やり方わからない人も…コンビニ支払いの多様化が止まらない

電子マネーやバーコードによるセルフレジ決済、無人決済など、コンビニエンスストアでの支払い方法の選択肢が増えている。顧客の待ち時間削減や、人手不足に伴う店員確保困難によるレジ省人化などが狙いだ。支払い 情報源: やり方わからない人も…コンビニ支払いの多様化が止まらない

  • 2018.12.05

コンビニ全商品に電子タグ導入 リアル店舗は2025年に大変化

2018年1月、米国でオープンしたレジなしAI(人工知能)コンビニ「Amazon Go」は21年までに最大3000店舗を展開する予定だ。ネット通販の攻勢が強まり、岐路に立つリアル店舗だが、店舗の“デジタル化”にかじを切ることで逆襲に出る。特集の第3回は「流通」の未来を予測する。 情報源: コンビニ全商品に電子タグ導入 リアル店舗は2025年に大変化

コンビニオーナー「無理ゲー」な内幕 「休めず、儲からない」 カラクリに迫る(弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース

千葉県にあるファミリーマート(四街道駅北口店)の雑誌コーナーには、『コンビニオー – Yahoo!ニュース(弁護士ドットコム) 情報源: コンビニオーナー「無理ゲー」な内幕 「休めず、儲からない」 カラクリに迫る(弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース

  • 2018.11.20

曲がり角のコンビニ、勢い増すドラッグストア 小売店の出店動向に異変あり

 最近、ご近所で増えたと思われるチェーン店や量販店は、どんなお店だろうか。やはりコンビニだろうか。それともドラッグストアだろうか。 小売店の出店の動向は、業態ごとに違いがあるようだ。2018年上期の大型店やチェーン店の出店動向を、地域別(経済産業局別注)に振り返ってみたい。 関東中心に店舗増のスーパー 総合スーパーの2018年上期の上昇は、主に店舗数(期末時点4947店舗)の増加によるものだった。(左上グラフ)。 右上のグラフで地域別に見ると、特に関東で店舗数を拡大しているが(前年同期より63店舗増加)、その結果、店舗当たりの販売額は低下した模様である。 店舗あたりの販売増でプラスを維持 コン […]

縮む日本の先に:「移民社会」の足音/2 コンビニ「専門性」の壁 外国人拡大、外食に光

 10月中旬の平日。「お箸とスプーン、どちらをおつけしますか」。東京都新宿区のローソン下落合二丁目店で、日本語で客の希望を確認した韓国人の男子留学生アルバイト、ソン・ハヌルさん(19)はレンジで温めたカツ丼とスプーンを入れたレジ袋を丁寧に手渡した。 情報源: 縮む日本の先に:「移民社会」の足音/2 コンビニ「専門性」の壁 外国人拡大、外食に光

1 6