News

47/48ページ

セブン-イレブン/9月はレンジ麺、パスタ、グラタンなど加温系商品が好調

セブン-イレブン・ジャパンの9月の既存店売上高は、前年比1.3%増となり62か月連続で前年を超えた。 既存店ベースの客数は1.2%減、客単価は2.5%増で、全店売上高は3.4%増だった。 <熟成中華麺 情報源: セブン-イレブン/9月はレンジ麺、パスタ、グラタンなど加温系商品が好調

「あなたと、コンビに、ファミリーマート」/音商標として登録

ファミリーマートは10月19日、コーポレートメッセージである「あなたと、コンビに、ファミリーマート」が、「音商標」として特許庁に登録されたと発表した。 <音商標> 「音商標の登録は、コンビニエンススト 情報源: 「あなたと、コンビに、ファミリーマート」/音商標として登録

セブン-イレブン/サイドメッシュ型什器で単品訴求、買上点数アップへ

セブン-イレブン・ジャパンは、下期の商品政策の一環としてサイドメッシュ什器による単品訴求を強化する。 <サイドメッシュ什器> 買上点数をアップさせる施策で、ドライグロサリーのゴンドラ横にサイドメッシュ 情報源: セブン-イレブン/サイドメッシュ型什器で単品訴求、買上点数アップへ

セブンとヤマト、宅配便などの配送にEV導入 物流で国内初 – SankeiBiz(サンケイビズ)

セブン-イレブン・ジャパンとヤマト運輸は19日、三菱ふそうトラック・バス(川崎市)の小型電動トラックを商品や宅配便の配送に導入すると発表した。量産型の電気自動車… 情報源: セブンとヤマト、宅配便などの配送にEV導入 物流で国内初 – SankeiBiz(サンケイビズ)

9月のコンビニ売上高、4カ月連続減 ネットなどと競合で苦戦

 日本フランチャイズチェーン協会(東京・港)が20日に発表した9月のコンビニエンスストアの既存店売上高(速報値)は、前年同月比微減(0.01%減)の7834億円と4カ月連続のマイナスとなった。ドラッグ 情報源: 9月のコンビニ売上高、4カ月連続減 ネットなどと競合で苦戦

ファミリーマート/ユニーの電子マネー「ユニコ」取り扱い開始

ユニー・ファミリーマートホールディングスは2018年春、現在、全国のアピタ・ピアゴ、サークルK・サンクスで利用できる電子マネー「ユニコ(uniko)」の取り扱いを全国のファミリーマートにおいて開始する 情報源: ファミリーマート/ユニーの電子マネー「ユニコ」取り扱い開始

ファミリーマート/専門店品質めざし、オリジナルパン全面刷新

ファミリーマートは10月17日、オリジナルの惣菜パンや菓子パンを全面刷新し、「FAMIMA BAKERY(ファミマベーカリー)」シリーズとして発売した。 <ファミマベーカリー> 昨今、朝ごはんの主食に 情報源: ファミリーマート/専門店品質めざし、オリジナルパン全面刷新

ローソン、島根県立大と商品共同開発 パンなど

 ローソンは島根県立大学短期大学部と連携して開発したパンやデザートなどの商品7品目を、24日から順次発売する。いずれも島根県産の食材を使用した。昨年に続く試みで、商品数を昨年の2品目から大幅に増やした 情報源: ローソン、島根県立大と商品共同開発 パンなど

【セブン&アイ】 3~8月期の営業利益は7.2%増、百貨店が黒字化

 セブン&アイ・ホールディングスが発表した2017年3〜8月期の連結業績は、売上高に当たる営業収益が前年同期比4.2%増の2兆9871億円、営業利益は7.2%増の1944億円だった。  期初予想 情報源: DRMオンライン(DRMonline)|ダイヤモンド・リテイルメディアの小売・流通ビジネス情報サイト

1 47 48