コンビニ業界の課題

セブンのネットコンビニ慎重姿勢に潜む「遠大な戦略」

セブン-イレブン・ジャパンはネットコンビニの拡大を明らかにした。これまで北海道札幌・小樽地区のわずか15店で実験をしてきたが、これを20店に拡大し、カバーエリア…
続きを読む
コンビニ業界の課題

2017年度決算から読み解くコンビニ3社「それぞれの生き残り戦術」(加谷 珪一)

日本の消費市場を牽引してきたコンビニが大きな曲がり角を迎えている。これまでは規模拡大を前提にしたシェア争いという図式だったが、市場が飽和状態となり各社は戦略の見…
続きを読む
注目記事

セブン-イレブン出身者が取締役を独占、セブン&アイHDに漂う不安

セブン&アイ・ホールディングスが、2018年度から社内取締役のうち8人のうち7人をセブン-イレブン出身者で固めることを取締役会で決議した。だが、この人事には不安…
続きを読む
News

ローソンが店舗の「数より質」強調、微妙に方針転換する事情

ファミリーマートとサークルKサンクスの経営統合により、店舗規模では業界2位から3位となったローソン。新たに開店させる店舗は、数よりも質を重視する方針を明らかにし…
続きを読む
コンビニ業界の課題

「月60万の廃棄はいい経営」コンビニオーナー2名が語る(井出留美) – Yahoo!ニュース

多くのコンビニは24時間365日営業で、消費者は飲食品をいつでも買うことができる。反面、添加物を使用しない食品は鮮度が短くなり廃棄が増えるという。東日本のコンビ…
続きを読む
注目記事

消え行く中堅コンビニ、ミニストップやポプラに未来はあるのか? – まぐまぐニュース!

コンビニ業界の知られざる裏側を、内情に詳しいライターの日比谷新太さんがレポートする当シリーズ。前回の「各コンビニにおけるドリンク商品の棚割り」に続き、今回取り上…
続きを読む
注目記事

“コンビニ飽和論”の中、ローソンが「夕方以降」を攻める理由

コンビニエンスストア大手のローソンは、 “コンビニ飽和論”がささやかれる中、21年度に1万8000店舗、平均日販60万円という中期目標に掲げる。その目標を達成す…
続きを読む
News

セブン-イレブン/新レイアウト導入で日商1.5万円増、今期1700店に導入

セブン&アイ・ホールディングスは4月6日、セブン-イレブン・ジャパンで2017年春から導入を開始した新レイアウト店舗の売上効果として、平均日販が1万5000円増…
続きを読む
注目記事

コンビニのアルバイトにも気を遣う、大手飲料メーカーの地道な戦略 – まぐまぐニュース!

コンビニ業界の知られざる裏側を、内情に詳しいライターの日比谷新太さんがレポートする当シリーズ。前回の「セブンイレブンの新たな健康戦略」に続き、今回取り上げるのは…
続きを読む
注目記事

コンビニ最強チキンはどれ? ファミチキ、Lチキ、ななチキ | 日刊SPA!

コンビニのレジ横商品でついつい手が伸びてしまう、チキン系のホットスナック。もともと人気の火つけ役となったのはローソンのからあげクンだが、ここ数年はファミマのファ…
続きを読む