注目記事

3/19ページ
  • 2019.10.02

コンビニ店員が駅の“改札業務”を兼務!? 異色のタッグの理由を聞いてみた – FNN.jpプライムオンライン

FNN.jp編集部 ファミリーマートの店員が、近畿日本鉄道・伏屋駅の改札業務を兼務 近畿日本鉄道「自動改札機の取扱いなど、業務に慣れるまで時間がかかりました」 改札業務で“特別手当”はつく? 私たちが 情報源: コンビニ店員が駅の“改札業務”を兼務!? 異色のタッグの理由を聞いてみた – FNN.jpプライムオンライン

  • 2019.08.06

ローソン/フードロス削減、余剰食品をこども食堂などに寄贈

ローソンは8月5日、余剰食品を全国フードバンク推進協議会を通じ、食品の支援を必要としている家庭やこども食堂・児童養護施設・障がい者福祉施設などに寄贈する取り組みを開始した。 <余剰食品寄贈のイメージ> 情報源: ローソン/フードロス削減、余剰食品をこども食堂などに寄贈

  • 2019.07.23

富山の個人経営コンビニ、地元食材活用 変わり種メニューで大手に対抗

「おでんサンド」や「クマ肉おにぎり」。カラフルに装飾された陳列棚に見慣れない商品が並ぶ。富山県立山町にある個人経営のコンビニ「立山サンダーバード」は、ホタルイカ… 情報源: 富山の個人経営コンビニ、地元食材活用 変わり種メニューで大手に対抗

  • 2019.01.15

【ビジネス解読】コンビニ店主悲鳴 人手不足とバイト時給アップで年収200万円台も

全国的な人手不足が深刻さを増す中、コンビニエンスストアの店主から悲鳴が上がっている。365日24時間営業で人手がかかるコンビニ業界にとって、人手不足を背景にした… 情報源: 【ビジネス解読】コンビニ店主悲鳴 人手不足とバイト時給アップで年収200万円台も

顔パスで支払える店舗をセブン-イレブンがオープン 顔認証、AI、IoTを駆使して「省人型店舗」を目指す(1/2) | JDIR powerd by JBpress

セブン-イレブン・ジャパンとNECは、入店や決済に顔認証技術を用いる新たな店舗をオープンした。このほかAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット化)、生体認証といったいくつもの先進技術を活用し、少ない人数で運営可能な「省人型店舗」のオペレーションの実証を行う。 情報源: 顔パスで支払える店舗をセブン-イレブンがオープン 顔認証、AI、IoTを駆使して「省人型店舗」を目指す(1/2) | JDIR powerd by JBpress

1 3 19