注目記事

2/20ページ
  • 2020.01.31

「セブンがやらないことをやる」ファミリーマート 澤田貴司社長が明かす躍進の一手

 国内外のリテールのマーケターとメーカーのマーケターをつなぎ、一気通貫のマーケティングを実現するための合宿型カンファレンス「リテー ウェブサイトでさらに詳しく⇒: 「セブンがやらないことをやる」ファミリーマート 澤田貴司社長が明かす躍進の一手

  • 2020.01.31

ローソンの次なる一手。2020年コンビニスイーツのトレンドは?(笹木理恵) – Yahoo!ニュース

ヒット商品「バスチー」を筆頭に、”新感覚スイーツ”を多数展開してきたローソン。売れるスイーツの作り方や2020年の意気込みを、開発担当者に取材した。 ウェブサイトでさらに詳しく⇒: ローソンの次なる一手。2020年コンビニスイーツのトレンドは?(笹木理恵) – Yahoo!ニュース

  • 2020.01.31

【コンビニコーヒーに関するアンケート調査】直近1年間にコンビニコーヒーを購入した人は、コンビニ利用者の6割。そのうち、「車の中」で飲む人が5割強、「自宅」「…

MyVoiceのプレスリリース(2020年1月30日 11時00分) コンビニコーヒーに関するアンケート調査 直近1年間にコンビニコーヒーを購入した人は、コンビニ利用者の6割。そのうち、[車の中]で飲む人が5割強、[自宅][職場や学校]が各20%台 ウェブサイトでさらに詳しく⇒: 【コンビニコーヒーに関するアンケート調査】直近1年間にコンビニコーヒーを購入した人は、コンビニ利用者の6割。そのうち、「車の中」で飲む人が5割強、「自宅」「…

  • 2020.01.29

セブンイレブン/永松社長が語る「飽和市場論を破る」商品政策

経済産業省が開催する「新たなコンビニのあり方検討会」では、人口減少などを受け、コンビニ市場は飽和しているとの指摘があった。一方で、セブンイレブンの永松文彦社長は、「飽和は、まったく考えていない」と語る ウェブサイトでさらに詳しく⇒セブンイレブン/永松社長が語る「飽和市場論を破る」商品政策

  • 2020.01.29

セブンイレブン/永松社長が語る「コミュニケーション改革」最前線

セブンーイレブン・ジャパンにとって、2019年は、24時間営業問題、店舗経営指導員による商品の無断発注など、さまざまな問題が顕在化した年となった。今回、永松文彦社長に、問題が起きた背景、現在進めている ウエブサイトでさらに詳しく⇒: セブンイレブン/永松社長が語る「コミュニケーション改革」最前線

コンビニ/生活圏で利用したいコンビニ1位は「セブンイレブン」

伊藤忠商事グループのマイボイスコムは1月27日、9回目となる「コンビニのイメージ」に関するインターネット調査結果を発表した。 調査によると、生活圏にあった場合に最も利用したいコンビニエンスストアは、「 ウエブサイトでさらに詳しく⇒: コンビニ/生活圏で利用したいコンビニ1位は「セブンイレブン」

恵方巻「ロスなくならない」。予約販売伸びず、“当日買う派”5割という現実

2月3日の節分に食べる「恵方巻」。ここ数年は、売れ残った商品が大量に廃棄されていることに批判が集まり、コンビニやスーパーでは予約販売を強化している。ただ、恵方巻に関するアンケート調査では、約5割が「当日に買う(買うかもしれない)」と答えて ウエブサイトでさらに詳しく⇒: 恵方巻「ロスなくならない」。予約販売伸びず、“当日買う派”5割という現実

直近1年間に購入したコンビニ調理品は、「中華まん」「コーヒー系飲料」が4割前後――コンビニ調理品に関するアンケート調査

マイボイスコムは、「コンビニ調理品の利用」に関するインターネット調査を実施しました。   直近1年間に購入したコンビニ調理品は、「中華まん」「コーヒー系飲料」がそれぞれ4割前後となっています。過去調査と比べ、「コーヒー系飲料」は増加傾向で… ウェブサイトでさらに詳しく⇒: 直近1年間に購入したコンビニ調理品は、「中華まん」「コーヒー系飲料」が4割前後――コンビニ調理品に関するアンケート調査

  • 2020.01.24

コンビニ 飽和にあらず

コンビニエンスストアの店舗数が2019年末の時点で初めて減少した。人手不足に伴う出店抑制が原因だが、市場が飽和したわけではない。逆に伸びる市場に対しコンビニ各社が対応を誤ったことが大きい。日本フラン ウェブサイトでさらに詳しく⇒コンビニ 飽和にあらず

1 2 20