「話題」の検索結果 15件

1/2ページ

チョコミント味の人気拡大 アイス以外に飲み物、パン SNSでも話題

変わり種と思われがちだった「チョコミント」味が注目されている。アイス以外にも飲み物、パンといった商品が登場。涼しげな見た目の水色やミントの爽快感、チョコレートの… 情報源: チョコミント味の人気拡大 アイス以外に飲み物、パン SNSでも話題

若者の「衝動買い」離れ。コンビニが悩む失敗回避型タイプの増加 – まぐまぐニュース!

コンビニ業界の知られざる裏側を、内情に詳しいライターの日比谷新太さんがレポートする当シリーズ。前回の「セブンイレブン公式アプリ」の話題に続いて、今回取り上げるのは「コンビニの新規商品とそのプロモーション」について。売上不… 情報源: 若者の「衝動買い」離れ。コンビニが悩む失敗回避型タイプの増加 – まぐまぐニュース!

次のライバルはコンビニ。マツキヨを倒した「ウエルシア」の野望 – まぐまぐニュース!

いまやコンビニと同様に街中で見かけるドラッグストア。最近では、M&Aを繰り返して勢力を拡大し、急激に店舗数を増やした「ウエルシア」があのマツモトキヨシを抜いてトップの座に立ったことが大きな話題となりました。「テレ… 情報源: 次のライバルはコンビニ。マツキヨを倒した「ウエルシア」の野望 – まぐまぐニュース!

  • 2018.06.11

コンビニ従業員やタクシー運転手に「過剰な負担」を強いる日本の未来(松岡 真宏)

我が国のサービス業の末端には、労働生産性や労働装備率といった経済指標には表れにくい大きな「負荷」が押し付けられている。昨年話題になった宅配便のドライバー不足は、その序章だったのかもしれない。今後急速に台頭してくる問題として、筆者は「サービスを提供する側」の負荷の問題を提起したいと思う。これは「フィンテックの社会的費用」と呼ぶこともできる。 情報源: コンビニ従業員やタクシー運転手に「過剰な負担」を強いる日本の未来(松岡 真宏)

苦境コンビニ業界、ローソンの「一人負け」が鮮明になってきた – まぐまぐニュース!

コンビニ業界の知られざる裏側を、内情に詳しいライターの日比谷新太さんがレポートする当シリーズ。前回の「コンビニの24時間営業」に関する話題に続き、今回取り上げるのは「大手コンビニチェーンの決算結果」について。セブンイレブ… 情報源: 苦境コンビニ業界、ローソンの「一人負け」が鮮明になってきた – まぐまぐニュース!

ファミリーマート、人手不足対策で今年度約650億円投資へ

 コンビニやスーパーを展開する「ユニー・ファミリーマートホールディングス」は決算会見で、コンビニの業務を効率化するために、今年度、およそ650億円を投資することを明らかにしました。  「ユニー・ファミリーマートホールディングス」が発表した今年2月期の連結決算によりますと、売上高は去年と比べて51.1%増えて1兆2753億円になりました。一方、傘下の「サークルK」と「サンクス」を「ファミリーマート」に統一する経費がかさんだ影響で、本業のもうけを示す営業利益は15.2%減少しています。  「昨今、話題になっている人手不足は大変深刻」(ユニー・ファミリーマートHD 高柳浩二 社長)  人手不足に対応 […]