富士通、事業所内にローソンレジなし実験店舗をオープン、カメラで商品を判別し退店時に自動決済 | IT Leaders

富士通、事業所内にローソンレジなし実験店舗をオープン、カメラで商品を判別し退店時に自動決済 | IT Leaders

富士通は2020年2月18日、コンビニエンスストアからレジをなくした実験店舗を、同社事業所内にオープンさせると発表した。店内に設置したカメラや重量センサーで来店客や商品を判別し、退店時に自動で決済が完了する。実験期間は、2020年2月26日から2020年5月25日まで。2020年3月16日以降は、入店時の本人識別に手のひら静脈認証と顔認証も導入する。

ウェブサイトでさらに詳しく⇒: 富士通、事業所内にローソンレジなし実験店舗をオープン、カメラで商品を判別し退店時に自動決済 | IT Leaders

Newsカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。