5年前、東京・練馬区のコンビニエンスストアに押し入り、現金5万円余りを奪ったとして、37歳の警備員の男が警視庁に逮捕されました。警視庁は、当時犯行の様子を捉えた防犯カメラの画像を公開していました。  強盗の疑いで逮捕されたのは、練馬区に住む警備員の瀬戸孝秀容疑者(37)で2013年10月、練馬区のコンビニエンスストアに押し入り、オーナーの男性に刃物を突きつけて現金5万2000円を奪った疑いが持たれています。  警視庁は瀬戸容疑者の犯行時の様子の画像を公開して行方を追っていましたが、その後、瀬戸容疑者に関する情報提供が10件寄せられたことから関与が浮上したということです。取り調べに対し、瀬戸容疑者は「生活費に困ってやった」と容疑を認めているということです。当時、練馬区内ではほかに2件の強盗事件が相次いでいて、警視庁は余罪についても調べています。(15日11:04)

情報源: 5年前にコンビニ強盗の疑いで男逮捕、当時防犯カメラ画像公開

スポンサーリンク