2018年2月

1/6ページ

セブン‐イレブン/コッペパン全面刷新、ふんわり・しっとり食感に

セブン‐イレブン・ジャパンは2月27日、「コッペパン」を素材・製法を刷新する。 <いちごジャム&マーガリン> 今回、パンはパン生地の美味しさを更に追求するため、小麦粉を選定し直し製法も刷新することで、 情報源: セブン‐イレブン/コッペパン全面刷新、ふんわり・しっとり食感に

ファミリーマート/福島県のスーパーますやとの一体型店舗、生鮮強化

ファミリーマートは2月27日、桝屋が福島県内で展開するスーパーマーケット「スーパーますや」との一体型店舗となる、「ファミリーマートますや針道店」を開店した。 <ファミリーマートますや針道店> ファミリ 情報源: ファミリーマート/福島県のスーパーますやとの一体型店舗、生鮮強化

パート・アルバイト/「飲食店」74%、「飲食料品小売」67%が人手不足

帝国データバンクの人手不足に対する企業の動向調査によると、非正社員では企業の34.1%が不足していると回答している(3月前比2.2ポイント増、1年前比4.6ポイント増)。 <人手不足に対する企業の動向 情報源: パート・アルバイト/「飲食店」74%、「飲食料品小売」67%が人手不足

破られた45秒の壁。ローソンの新型「25秒コーヒー」に業界激震 – まぐまぐニュース!

コンビニ業界の知られざる裏側を、内情に詳しいライターの日比谷新太さんがレポートする当シリーズ。前回の「コンビニ業界の売上不振」に続いて、今回取り上げるのは「ローソンの新型コーヒー抽出マシン」について。抽出時間の大幅な短縮… 情報源: 破られた45秒の壁。ローソンの新型「25秒コーヒー」に業界激震 – まぐまぐニュース!

コンビニの取り組み セブンは中食、ファミマはコラボ、ローソンは介護と健康 « マネーポストWEB

「自販機コンビニ」ではおにぎりやサンドイッチなどの冷蔵品も買える(写真:時事通信フォト) 日本フランチャイズチェーン協会によると、全国のコンビニ店舗数は約5万5000店。今や全国の歯科医機関数(約6万8000施設)に追いつく勢いである。うちセブンは約2万店、ファミマは約1万8000店、ローソンは約1万3000店 情報源: コンビニの取り組み セブンは中食、ファミマはコラボ、ローソンは介護と健康 « マネーポストWEB

ローソンは無人化、セブンは接客… 岐路に立つコンビニ戦略 « マネーポストWEB

岐路に立つコンビニ戦略(イメージ) 人々の生活スタイルの変化や技術革新に伴い、コンビニ各社は“これから”を見据え、次々と新たな取り組みを行っている。 例えば、ローソンは昨年10月、楽天とタッグを組んでドローン配達の試験運用を開始したほか、パナソニックと共同して、無人レジ「レジロボ」にも取り組んでいる。か 情報源: ローソンは無人化、セブンは接客… 岐路に立つコンビニ戦略 « マネーポストWEB

給油所でEV給電、コンビニ併設 多角化支援 経産省が規制緩和方針

経済産業省は22日、ガソリンスタンド(給油所)の経営改善策を検討する有識者研究会の初会合を開いた。電気自動車(EV)の給電やコンビニエンスストア併設への規制を緩… 情報源: 給油所でEV給電、コンビニ併設 多角化支援 経産省が規制緩和方針

セブン&アイ/1万人の社員に時差出勤導入、ワークスタイル改革

セブン&アイ・ホールディングスは2月22日、本部勤務のフルタイム社員を対象に、始業時刻を選択制とする「スライドワーク(時差出勤)」の仕組みを導入すると発表した。 <スライドワークの仕組み> 3月1日か 情報源: セブン&アイ/1万人の社員に時差出勤導入、ワークスタイル改革

1 6