「セブン-イレブン・ジャパン」は、国内の店舗数が2万店を突破したと発表しました。  「セブン-イレブン」が1号店を東京・豊洲にオープンしたのは1974年。おにぎりや弁当の販売にとどまらず、公共料金の支払いを受け付けるなど、サービスを多様化させながら店舗網を拡大し、43年かけて2万店舗を超えました。2万店舗は小売業として初めてで、郵便局の2万4000に迫る数です。  ただ、コンビニの店舗数はファミリーマートが1万8000店、ローソンは1万4000店に増え、コンビニ全体の客数が22か月連続で減少するなど業界の飽和状態が指摘されています。  こうした中、セブン-イレブンはシェア自転車のサービスを開始、ファミリーマートは1月にジムを併設した店舗をオープンするなど、新たな客層の開拓を急いでいます。(31日15:01)

情報源: セブン-イレブン、国内店舗数が2万店突破

スポンサーリンク